書籍で知るスリランカ『ブレイクアウト・ネーションズ』

IMG_3685

『ブレイクアウト・ネーションズ』(原題『Breakout Nations』)breakeoutnations3
ルチル・シャルマ著 早川書房 2013年

Amazon

内容
新興国の急成長の時代が終わり、各国の成長スピードは次第に鈍化している。では、そうした状況において、競合国の中で突出した成長を成し遂げられる国々=「ブレイクアウト・ネーションズ」はどこなのか?モルガン・スタンレーで250億ドルを運用する投資のプロが、20カ国を超える新興諸国をつぶさに歩き、次に急伸する国々を徹底予想。今後ますます繁栄する国、あるいは没落する国はどこか?そして、日本をはじめとする先進国が、これらの国から学ぶべきこととは?話題のベストセラー、待望の邦訳。(出版元より引用)

著者について
ルチル・シャルマ(Ruchir Sharma)
モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントの新興国およびグローバル・マクロ担当ディレクター。インド出身。15年以上にわたって新興諸国をくまなく歩き、新興国関連で約250億ドルを運用する。《ニューズウィーク》、《ウォール・ストリート・ジャーナル》、《フィナンシャル・タイムズ》、《フォーリン・アフェアーズ》などに寄稿多数。《フォーリン・ポリシー》が選ぶ2012年の「世界の頭脳100人」の1人に選出されている。ニューヨーク在住。(出版元より引用)

投資の専門家からの視点で、スリランカについても(わずかですが)触れられている貴重な書籍です。新興諸国の見方を学ぶうえでも、関心のある方であれば必読です。ブレイクアウトネーションズとしてスリランカの名前が。。。日本語版の刊行は2013年、内容は2011年当時のものですが、著者であるシャルマ氏は、2014年9月のスリランカチーム(コロンボ証券取引所、証券取引委員会、代表的な上場企業)による、ニューヨークロードショーにおいて、基調講演を行いました。その席でも、スリランカの地政学的な重要性など、その魅力を語りました。

参考サイト
「Ruchir Sharma shares Morgan Stanley perspective on Sri Lanka at NY Forum
(ルチル・シャルマ ニューヨーク・フォーラムでスリランカに対するモルガンスタンレーの展望を語る)」

                                     Daily FT 2014年9月10日記事