【コラム】スリランカの都市化と経済発展Vol.2~都市化が進まない理由

column06

column06
都市化が進んでおらず、中間所得国において例外的な存在とされているスリランカ。都市化の進まない理由は何か、経済発展にどのような影響があるのか、スリランカの新聞社『The Daily Mirror』の興味深い記事を3回にわたってご案内しています。

第2回目は、スリランカで都市化が進まない理由を見ていきましょう。
(第1回目はこちらから)



●交通の改善がインフラ・企業の集約化を進める

「都市化はスリランカの次なる成長要素になりうるか?」(原題:Could urbanization be the next growth driver in Sri Lanka?)と題するコラムにおいて、スリランカで都市化が進んでいない原因を4つ紹介しています。それらは以下の通りです。

1.ゆっくりとした工業化
急速な都市化は工業化と関連しており、スリランカではまだ工業のGDP 比率は高くない(15~16%)としています。また、国全体で産業振興政策が行われているため、都市部へ移住する必要があまりないと言います。

2.社会インフラの充実
スリランカは社会福祉が充実しており、識字率は95%以上、乳児死亡率は1000人中10人未満と、医療分野では先進国と同等ランクにあると言います。また、家庭の96%に電気があり、88.7%で安全な水を使用できる等、地方でも必要なインフラが整っているため、インフラを理由に都市部に移住する必要がないとしています。

3.人口増加の鈍り
スリランカでは近年急速な人口増加がなく、2013年の人口増加は0.8%であり、人口増加の鈍りがスリランカでの低い都市化の原因の一つであるとしています。

4.高額な住宅費
スリランカの住宅価格はここ数年間急激に上がっていると指摘し、都市部のほとんどの住宅価格は、手頃な家庭用住宅の国際指標を超えており、90%の家庭は都市部の住宅に手が届かないとしています。

一方で、近年交通が大幅に改善したことで、都市部と農村部の結びつきが強まりました。その結果、徐々に既存のインフラやサービスの重複が目立ちはじめていると指摘します。そして農村部で学校の閉鎖が起こっているように、この傾向は民間のビジネスにも広がり、合併や事業活動の大都市への集積を引き起こすとしています。

それでは、都市化はスリランカ経済にどのような影響を与えるのか、みていきましょう。
第3回>へ続きます。

出典:
http://www.dailymirror.lk/53644/could-urbanization-be-the-next-growth-driver-in-sri-lanka

海外活用コラム 執筆:GTAC(2014年10月23日付)

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。