【コラム】スリランカを巡る日・中・印の駆引き

IMG_3084

sri1習近平国家主席は9月、28年ぶりに中国の国家主席としてスリランカを訪問しました。中国は海上交通路の確保を積極的に進めており、「真珠の首飾り戦略」とも呼ばれています。世界で最も通行量の多い国際航路の中間に存在するスリランカ。今後中国との関係はどうなっていくのでしょうか。これに関し、アメリカのインターネットニュースサイト『Business Insider』(http://www.businessinsider.com/)において、興味深い記事がございましたのでご紹介いたします。



●スリランカは海上交通の要所。
 中国・日本・インドの競争が繰り広げられている

「中国は14億ドルの港湾都市の建設に着手する(原題:China’s About To Launch Construction Of A New $1.4 Billion Port City)」と題するコラムによると、習国家主席は訪問中、中国所有のコンテナ・ターミナル(南アジア唯一のメガ・ポート)の隣に、中国が支援する14億ドルの港湾都市の建設を立ち上げるとのことです。

またラージャパクサ大統領と会談を行い、「両国と国民により多くの利益をもたらす海上シルクロードの刷新を進めるため、海事、ビジネス、インフラ、防衛、観光等の分野で、中国とスリランカは交流と協力を推進する必要がある。」と述べたと紹介されています。また、中国はいまやインドを抜いてスリランカへの最大の投資国であり、内政不干渉を口実に、他国からのスリランカへの影響力を排除しようとしているとされます。

インドや日本も中国と同じく、この海上貿易経路に依存していると指摘し、日本の安倍首相は9月初めにスリランカを訪れ、両国の関係強化の合意をし、インドのナレンドラ・モディ首相は、地域の信頼回復に乗り出すとしており、地域の影響力を巡る3カ国の競争が行われていると分析しています。

スリランカは習主席の訪問に先立ち、インドはスリランカと中国の密接な関係を気にする必要はないと主張しており、前述の港湾都市には、高級マリーナやF-1競走場も含まれ、港湾は「商業的なもので、軍事目的での使用を認めるつもりはない」とスリランカ港湾管理委員会(SLPA)は述べているとのことです。

既に中国政府はスリランカに対して、第2国際空港とラージャパクサ大統領の地元ハムバントータの深海港に融資をしているものの、支援した軍用機のメンテナンス設備はインドの反対により、建設が保留されているとの紹介で結んでいます。

出典記事:
http://www.businessinsider.com/afp-chinas-xi-heads-to-sri-lanka-to-promote-maritime-silk-road-2014-9

海外活用コラム 執筆:GTAC(2014年11月6日付)

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。