【コラム】大統領選で示された政治的安定性

IMG_0416

oath-slide-1206x410今月初めに行われ、現職大統領が敗れたスリランカの大統領選挙。一般的に発展途上国においては、政権交代は簡単には進まず、時には武力衝突さえも起こるものですが、今回の選挙では早々に、現職大統領が敗北を認め、政権交代を進めていくことを宣言しました。この点に関し、大手信用格付け機関のフィッチ(Fitch Ratings)は、「スリランカの選挙は政治的な安定へのポジティブなサイン(原題:Sri Lanka Election Positive Sign for Political Stability)」というレポートを出し、平和裡に大統領が交代したことは、スリランカの政治的安定性のアピールとなり、海外からの投資の増加に繋がると分析しています。


○政治的な安定性が海外からの投資を呼ぶ

今年1月8日に行われたスリランカの大統領選挙で、現職大統領を破った対立候補のマイトリパラ・シリセナ氏への平和的な権力の移譲は、政治的安定にとってのポジティブなサインであると、フィッチは評価しています。従来、統治能力の低さがスリランカの弱みとされ、それが「BB-」という格付けにも現れてきましたが、今回のスムーズな権力の移行で、基本的な政治的安定性を示した形となり、海外投資家の信頼醸成に繋がるだろうとしています。

また統治能力の低さ以外にも、海外直接投資の少なさや、高い負債率、弱い財政基盤などもスリランカの弱点でしたが、新政府による経済政策も期待されていると記事は指摘しています。

ただし、シリセナ新大統領は、経済に関する具体的な方針を明らかにしておらず、新政府の政策が経済にどのような影響を与えるかは未知数だそうです。また新大統領はまずは行政改革に注力するだろうと、レポートは述べています。

出典:
https://www.fitchratings.com/gws/en/fitchwire/fitchwirearticle/Sri-Lanka-Election?pr_id=967215

海外活用コラム 執筆:GTAC(2015年1月20日付)

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。