【コラム】スリランカの最新「フィンテック」事情

s0006_1_1_e1
ETHELON1507金融とインターネットが発展した今、金融Financeと技術Technologyを組み合わせたフィンテック(FinTech)という分野に注目が集まっており、例えば銀行を介さずに、インターネット上で人と人が直接に結びつくピアツーピア(P2P)型の決済システムは、これまでの金融制度を大きく変える可能性を秘めています。特に途上国では銀行などの社会的インフラの整備が遅れている一方で、携帯電話が広く普及し、また海外で働く人々からの送金需要も多いため、P2P型の決済システムには、大きな期待が寄せられています。スリランカの提携メディア「ECHELON」の記事「金融の近未来~世界で起こる金融・決済システムの発展はスリランカの家庭にどう影響する?」 を幻冬舎ゴールドオンライン上で前編・後編に分けて掲載します。

スリランカの最新「フィンテック」事情

【前編】スリランカで存在感を高める「フィンテック」

【後編】フィンテック企業の新たな取り組みと課題

その他、幻冬舎ゴールドオンライン連載の
スリランカ記事一覧はコチラをご覧ください。

GGOバナースリランカへGO


この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。