【コラム】岐路に立つスリランカの海洋ガス田開発

img_f8d0f280b7da853a4f7b74d7317ee50a802328
ETHELON1507スリランカ沖で発見されたガス田は、最大で2000億ドルもの経済効果をスリランカにもたらすと期待されている一方で、ガス田を発見したインドの石油大手企業が、世界的な原油価格の下落によって、このガス田の開発から撤退を表明しました。スリランカのエネルギー政策に関して、カメハメハ倶楽部と提携している現地スリランカの情報サイト「ECHELON」に掲載された記事より、 幻冬舎ゴールドオンライン上で前編と後編の2回に分けてご紹介します。

岐路に立つスリランカの海洋ガス田開発

【前編】スリランカの海洋ガス田開発を揺さぶる原油安

【後編】天然資源を活用してエネルギー自給率100%を目指すスリランカ

その他、幻冬舎ゴールドオンライン連載の
スリランカ記事一覧はコチラをご覧ください。

GGOバナースリランカへGO


この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。