【コラム】スリランカでも広がりはじめた太陽光発電

img_4b6d92f8bc1b78c19a562ee8bb21ba0a1243524
ETHELON1507南アジアの中でも電気料金が高い国であるスリランカ。環境意識の高まりもあって家庭用の太陽光発電がじわりじわりと広がり始めています。その動きを後押しするのが、送電網と各家庭を結ぶネット・メータリングというシステムです。スリランカの太陽光発電事情を幻冬舎ゴールドオンライン上で前編・後編の二回にわたってお伝えします。

スリランカでも広がりはじめた太陽光発電

【前編】「太陽光発電」拡大の鍵は送電網との連結

【後編】余った電気を「売れない」ネット・メータリング制度

その他、幻冬舎ゴールドオンライン連載の
スリランカ記事一覧はコチラをご覧ください。

GGOバナースリランカへGO


この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。