【コラム】南アジアの投資センターを目指すスリランカの挑戦

img_56a176a15b3c4ea31b8b5f6c94e658a61080292
ETHELON15072009年の内戦終結以降、目覚ましい経済成長を遂げているスリランカ。インドとも良好な関係が築けている今、更なる飛躍を臨める絶好な機会が訪れていると言えます。スリランカは南アジアでどのような存在になるよう成長するべきか、幻冬舎ゴールドオンライン上で6回に分けてお届けします。

南アジアの投資センターを目指すスリランカの挑戦

【第1回】スリランカが秘める「投資センター」としてのポテンシャル

【第2回】スリランカが目指すアジアの「金融ハブ」シンガポール

【第3回】成熟したシンガポールにはないスリランカ市場の強み

【第4回】「米ドル建て」での投資機会を広げるスリランカのハブ戦略

【第5回】競争力強化に向けたスリランカ金融市場の課題とは?

【最終回】スリランカは果たして「ハブ国家」になれるのか?

その他、幻冬舎ゴールドオンライン連載の
スリランカ記事一覧はコチラをご覧ください。

GGOバナースリランカへGO


この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。