【コラム】スリランカでも広がり始めた「シェアリング・エコノミー」の波

img_4dc8da58e684d72468b7ea60e0bb3ceb1241723
ETHELON1507使用していない資産を誰かと共有することで収益を得る、シェアリング・エコノミー。その一形態であるタクシー配車サービスが世界中で話題になっています。 スリランカにおいても、スマートフォンのアプリからタクシーを呼べるサービスが始まり注目されていることを、幻冬舎ゴールドオンライン上で5回にわたってお伝えいたします。

スリランカでも広がり始めた
「シェアリング・エコノミー」の波

【第1回】スリランカにも誕生したタクシー配車アプリ「PickMe」

【第2回】効率性と競争原理を生む「タクシー・アプリ」のポテンシャル

【第3回】ICTの進歩によって広がる「シェア・ビジネス」の可能性

【第4回】スリランカの「タクシー・アプリ」登録にドライバーが殺到

【最終回】スリランカITベンチャー界の花形になった「タクシー・アプリ」

その他、幻冬舎ゴールドオンライン連載の
スリランカ記事一覧はコチラをご覧ください。

GGOバナースリランカへGO


この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。