【コラム】スリランカの民主主義にリコール制度は必要か?

img_55d01a605ac1f96b4cf846170362eee11260097
ETHELON15072015年8月の総選挙を経て、新政権がスタートしたスリランカ。今回の選挙では、市民による政策提言が重要な役割を果たしました。今後さらに、民意を政治に反映させるため、リコール制度の導入の是非が、いま注目を集めています。 アメリカ、イギリス、インドのリコール制度とともに、スリランカの選挙改革の行方を幻冬舎ゴールドオンライン上で全4回でお伝えします。

スリランカの民主主義にリコール制度は必要か?

【第1回】民主主義の次のステップに踏み出そうとするスリランカ

【第2回】アメリカとイギリスにおけるリコール制度の現状

【第3回】リコール制導入に向けた「アドボカシー活動」が広がるインド

【最終回】「リコール制」の導入に向けて議論が高まるスリランカ

その他、幻冬舎ゴールドオンライン連載の
スリランカ記事一覧はコチラをご覧ください。

GGOバナースリランカへGO


この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。