【コラム】スリランカの石炭供給を巡る疑惑と争い

img_7dc23cb82c5ce25ece4032f4107a87301099290
ETHELON1507スリランカの電力供給は比較的にコストの安い石炭発電に頼っています。そのため多くの石炭を輸入していますが、そのプロセスには数々の問題があることが明らかになっています。スリランカでの石炭を巡る疑惑と争いを幻冬舎ゴールドオンライン上で全10回にわたってお伝えします。

スリランカの石炭供給を巡る疑惑と争い


【第1回】発電所への石炭供給権を巡る「疑惑」とは?

【第2回】無視され続けた「中立機関の提言」

【第3回】政治的圧力が疑われる石炭供給業者の選定

【第4回】最安値でも落札できない!?「石炭供給入札」に高まる疑惑

【第5回】石炭の供給を巡って激化したスリランカ政権内部の争い

【第6回】変化の兆しが見えた石炭供給権の独占状況

【第7回】前大統領の「介入」に振り回され続けた5年間

【第8回】政権交代を契機に、入札制度の健全化を目指すスリランカ

【第9回】複雑に絡み合う利害関係が阻害する「石炭供給制度の改革」

【最終回】入札制度を抜本的に変えて不正な介入を排除

その他、幻冬舎ゴールドオンライン連載の
スリランカ記事一覧はコチラをご覧ください。

GGOバナースリランカへGO


この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。