【コラム】2016年のスリランカ経済の展望

img_50cb5b1d9b3cf07057489b8b7dce3800922933
ETHELON15072009年5月の内戦終結直後は8%におよぶ経済成長率を誇ったスリランカですが、2015年は6.3%(アジア開発銀行の統計データ )と成長率が鈍化しました。世界経済に不透明感が広がる今、2016年のスリランカ経済はどうなっていくのか、幻冬舎ゴールドオンライン上で5つのテーマから分析をしていきます。

2016年のスリランカ経済の展望


【第1回】不透明さを増す世界経済、スリランカの2016年をどう見るか?

【第2回】スリランカで予定されている「国営企業の民営化」計画とは?

【第3回】スリランカ、民営化と港湾都市開発が及ぼすインパクト

【第4回】コモディティ相場の下落がスリランカに与える影響とは?

【第5回】スリランカの税収にも打撃を与える原油価格の下落

【第6回】米国の金利引き上げとインフレに圧迫されるスリランカ経済

【第7回】新興国からの資本逃避と財政赤字に苦しむスリランカ

【最終回】輸出の減少で悪化する国際収支に悩まされるスリランカ

その他、幻冬舎ゴールドオンライン連載の
スリランカ記事一覧はコチラをご覧ください。

GGOバナースリランカへGO


この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。