【コラム】スリランカの貿易を支える金融制度の必要性

img_0cc185c37bd51656a2f231efaadfe303807111
ETHELON15072016年の経済成長率は6.5%になると強気の姿勢を見せるスリランカ政府。この数値はIMFや世界銀行などの国際機関の予想を上回っており、これを達成するためには輸出収入を増やすことが必須となります。今回の連載では、幻冬舎ゴールドオンライン上でスリランカの輸出業を金融面から支援する制度の必要性についてお伝えします。

スリランカの貿易を支える金融制度の必要性


【第1回】インド洋のハブ化に向けて不可欠な「輸出金融」の整備

【第2回】紅茶と衣料品の輸出に偏るスリランカが抱える課題

【第3回】ソフト面のサポートとセットで効果を発揮する輸出金融制度

【第4回】輸出拡大の足かせとなるスリランカの金融制度の問題とは?

【最終回】スリランカ、貿易拡大のカギとなる「輸出入銀行」の設立

その他、幻冬舎ゴールドオンライン連載の
スリランカ記事一覧はコチラをご覧ください。

GGOバナースリランカへGO


この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。