【コラム】相次ぐ上場廃止――新基準導入に揺れるスリランカの株式市場

img_7b1dd9e562a13e36d7e1d9b6c6fff8311055636
ETHELON1507いち早く最新の決済システムを取り入れるなど、かつては先進性の高さが誇りであったスリランカのコロンボ証券取引所。しかし上場企業が増えず、また流動性の低さも問題となっています。そこで証券取引委員会は、新たな上場ルールを導入しましたが、そのことによって上場廃止が相次いでしまっています。スリランカの株式市場における混乱を幻冬舎ゴールドオンライン上でお伝えします。

相次ぐ上場廃止――新基準導入に揺れるスリランカの株式市場


【第1回】マイナスの影響が拡大する「スリランカの証券市場改革」

【第2回】反発を招くスリランカ証券取引委員会による新ルール

【第3回】上場企業数に起因するスリランカ株式市場の低い「流動性」

【第4回】スリランカ証券市場のルール厳格化で、二部市場への移行が増加

【最終回】コロンボ証券取引所の努力が水の泡? 混迷する新ルールの行方

その他、幻冬舎ゴールドオンライン連載の
スリランカ記事一覧はコチラをご覧ください。

GGOバナースリランカへGO


この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。