【コラム】前政権の負の遺産――スリランカのナショナル・フラッグが経営危機

img_c7dffab1e608b016fbb34f58fad53834562625
ETHELON1507スリランカのナショナル・フラッグ・キャリアであり、成田空港にも乗り入れているスリランカ航空。その経営が悪化し、今後の見通しについて懸念が示されています。幻冬舎ゴールドオンライン上でスリランカ航空の現状をお伝えするとともに、前大統領の責任とされる経営悪化の要因についてみていきます。

前政権の負の遺産――スリランカのナショナル・フラッグが経営危機


【前編】スリランカ航空の経営に重大な懸念!?

【後編】スリランカ航空の経営悪化で問われる前大統領の責任

その他、幻冬舎ゴールドオンライン連載の
スリランカ記事一覧はコチラをご覧ください。

GGOバナースリランカへGO


この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。