【コラム】2016年、政策転換が求められるスリランカ経済

img_6f9a86bdf487506a9956f15e0ecd72601512487
ETHELON1507内戦の終結以降、高い経済成長を誇ってきたスリランカ。2015年の大統領選挙において平和裡に政権交代を成し遂げたことから、アジアにおいても経済・政治ともに安定した国家という印象を世界に与えました。しかし今、歪な経済構造の弊害が表面化してきています。幻冬舎ゴールドオンライン上でスリランカ経済が抱える問題を見ていきます。

2016年、政策転換が求められるスリランカ経済


【第1回】成長を持続できるか? 問われるスリランカ財政再建の行方

【第2回】公平感を欠く、スリランカのエネルギー価格と税制

【第3回】付加価値税の引き上げで狙うスリランカ・ルピーの安定

【第4回】スリランカ政府は金融システムの「歪み」を正せるか?

【最終回】通貨安はもはや輸出に貢献せず? スリランカの金融政策の課題

その他、幻冬舎ゴールドオンライン連載の
スリランカ記事一覧はコチラをご覧ください。

GGOバナースリランカへGO


この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。