【コラム】中国「海のシルクロード」構想をチャンスにできるか?問われるスリランカの外交戦略

img_590eb703b6c90c685fc9958dfa3d37cf913988
ETHELON1507中国と世界を陸と海で結び、一つの巨大な経済圏を構築しようとする中国の、「一帯一路」構想。別名、陸と海のシルクロードとも言われるこの壮大な計画の中心に位置するスリランカは、経済発展のチャンスを手にすると同時に、大国間の覇権競争に巻き込まれかねない難しい立場に立たされています。この連載では、全3回にわたって「一帯一路」構想の概要と、スリランカの置かれた立場を幻冬舎ゴールドオンライン上でお伝えします。

中国「海のシルクロード」構想をチャンスにできるか?問われるスリランカの外交戦略


【前編】関係地域の経済発展を謳う、中国の「シルクロード経済圏」構想

【中編】中国「一帯一路」構想の課題と近隣諸国からの眼差し

【後編】中国とインド、二つの大国に挟まれたスリランカの困難な立場

その他、幻冬舎ゴールドオンライン連載の
スリランカ記事一覧はコチラをご覧ください。

GGOバナースリランカへGO


この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。