スリランカを知るためのキーワード【ホテル】

IMG_4762

スリランカへの投資を考える上で、現状、最初に検討されるのはホテル業です。スリランカはもともと、ヨーロッパ、オーストラリア、インドの人達にとって憧れのリゾート地であり、内戦終結をきっかけに、観光業が爆発的に伸長しています。

(観光客数)
data01-2

2009年に内戦が終結し、The New York Timesが、2010年に訪れるべき場所の筆頭として、スリランカを挙げたことも大きな話題になりました。
http://www.nytimes.com/2010/01/10/travel/10places.html?pagewanted=all&_r=0
英語での世界最大の旅行ガイドブックLonely PlanetのBest in Travel 2013の第一位もスリランカです。
http://www.lonelyplanet.com/themes/best-in-travel/top-10-countries/

2016年の観光客数の政府見通しは、250万人です。ところが、ホテルの部屋数は追いついていません。2013年の全土でのホテル数は279。五つ星14、四つ星18、三つ星14、その他233です。

(ホテル部屋数(全土))
data01-3
   
スリランカを訪れたことがある方であればご存じのとおり、そこそこのホテルは一泊200ドルくらいという、物価水準を考えれば高額なレートです。こういった状況ですから、インターナショナルブランドを含めたホテル開発プロジェクトが目白押しです。

建築中のHyatt Regency Hotel Colombo

建築中のHyatt Regency Hotel Colombo


Hyatt Regency Hotel Colombo
http://srilankaembassyrome.org/en/component/content/article/647-hyatt-announces-plans-for-a-hyatt-regency-hotel-in-colombo.html
Sheraton Hotel Colombo
http://www.starwoodhotels.com/sheraton/property/overview/index.html?t=2&propertyID=3815&s_tnt=51450:0:0
Shangri-la Hotel Colombo
http://www.shangri-la.com/corporate/press-room/press-releases/shangri-la-hotel-colombo/
Movenpick Colombo
http://www.businesstraveller.asia/asia-pacific/news/movenpick-enters-colombo
Marriott Resort & SPA, Weligama, Sri Lanka
http://news.marriott.com/2012/07/marriott-international-announces-its-first-hotel-in-sri-lanka-the-weligama-bay-marriott-resort-spa.html
Crown Group(カジノ)
http://www.bloomberg.com/news/2013-10-17/crown-s-sri-lanka-casino-resort-venture-to-cost-400-million.html
ITC Hotel 
http://www.itchotels.in/upcominghotels/index.html#prettyPhoto
など

スリランカ政府も、観光業の振興を最重要課題としています。コロンボの国際空港(Bandaranaike International Airport)のターミナル増設への着手(日本資本)、ハンバントタの国際空港の竣工といった空港関連のインフラ整備に加え、2011年に開業したコロンボ-ゴール間の高速道路もマタラまで延伸済であり、今後ハンバントタまでつながります。空港-コロンボ間で2013年に開通した高速道路とのコネクトも予定されており、より容易なアクセスが可能となります。

2016年の観光客数250万人の達成はあくまで通過点と現地では語られています。2013年のタイ・マレーシア・香港の観光客は各々年間約2500万人、シンガポールが約1200万人、日本が約1000万人、ベトナムも700万人を超えています。内戦終結後、明らかに日々増加する観光客を目の当たりにして、スリランカ投資においては、ホテル分野への投資の検討が第一となっています。