スリランカを知るためのキーワード【コロンボ証券取引所】

Data03-2

スリランカには証券取引所があります。ということは、スリランカの上場会社の株式を買うことも売ることもできるわけです。
また、スリランカの非上場会社やホテル所有法人に投資した場合の出口として、IPOという道もあるということです。

スリランカの「コロンボ証券取引所」の時価総額をアジア各国の証券取引所と比較したのが以下の表です。

data03-1

まだまだ規模は非常に小さく2013年は188億ドルです。一方で、市場の伸びという意味では、内戦終結の前年に比べて4.4倍の規模に成長しています。
これは、アジア地区では最大の成長です。

The Colombo Stock Exchange (CSE)
設立:1985年
上場会社数:293社(2014年9月)
時価総額:3兆660億ルピー(2兆5千億円/2014年9月)
インデックス:ASPI(The All Share Price Index)、The S&P Sri Lanka20 Index

上場適格企業の主な基準は以下の通りです

The Main Board
資本金5億ルピー以上
直前3期の税引き後黒字
直前2期が債務超過ではない
流動株25%以上

The Diri Savi Board(二部のようなもの)
資本金1億ルピー以上
直前期が債務超過ではない
流動株10%以上
少なくとも1年以上の業歴

ブルームバーグやコロンボ証券取引所のウェブサイトで市場動向をみるのも、スリランカを知る一助になるのではないでしょうか。スリランカへGO。
ブルームバーグ(http://www.bloomberg.com/)
コロンボ証券取引所(http://www.cse.lk/home.do)